自分より先に特許を取得されていたら・・・?そうなる前に!

特許申請をするとき、自分と同じ発明をしている人がいるかもしれません。申請をする前にまずやること。 - 出願前のリサーチ

出願前のリサーチ

特許を申請した場合、それにつきものとされているのが出願前調査というものです。
何か新しい発明や技術、アイデアなどを思いつき、特許を取得しようと思った解き、それらが特許として権利化することが出来るのかどうかのリサーチは、必ず行っておきたいところです。
よくあるのが、既に似たような特許が取得されていたというケースです。
こういった場合には、当然に費用を出しても無駄ですし、特許を取得することは難しいわけですから、気をつけましょう。

核となる部分を考えること

特許を出願する前に、考えておきたいことといえば、その発明や技術、アイデアの核となっているものがどういうものなのかを考慮することです。
そこでヒントになるのは、そのアイデアをより発展させた場合、現在考えていることの他にどういったことが出来るのかを考えることです。
実はこの部分こそ、あなたが閃いたアイデアの本質をつくポイントになっている可能性があるからです。

もしもあなたより先に取得されていたとすれば?

ukyutd
他にも出願前に注意すべき点としては、もしも先にあなたが思いついたアイデアなどの特許を取得されていたと過程して、それを避けて自分のアイデアを利用し、商品やサービスを開発するなら、どういった方法を取るのかということです。
つまり独占使用権の範囲を広げるためには、他にも転用出来る可能性を考え、そちらの特許をも取得しておく必要があるということなのです。
どうせ特許費用を出してまでも取得するのであれば、独占使用権の範囲は限りなく広くキープしておきたいところですし、付け入る隙があるような特許であれば、取得をしてもほぼ意味がないことになりますから。
こういった点を考えて、特許出願前のリサーチを行っていきましょう。
特許を費用を掛けて出願しようとしても、既にその特許を取得されてしまっていたなんてことは、よくあることです。
こういった場合、新しい事業や商品開発を諦める他ないのかとガッカリとしてしまう方は多いものです。
しかしながら、特許を先に取得されていたとしても、いくつかの対抗策を講じることは可能なのです。
ここでは、もしも先に特許を出願されてしまった時の対処方法について紹介していきましょう。

特許を無効に出来ないかを模索する

アイデアや技術、発明が既に特許として認められてしまっている場合、何も出来ないと諦めるのは、まだ早いです。
それらの特許が出願された年月日以前の古いデータで、既に開示されている文献や商品などを探していきましょう。
もしもそういった商品や文献などが見つかってしまっている場合、その特許を無効にすることが出来るかもしれないのです。
それが成功すれば、その技術やアイデアを使い、自由に商品などを開発することが出来るのです。

こちらの特許とクロスライセンスする

これはその特許を取得している企業や個人が、こちらの持っている特許を欲しているという条件が付きます。
こちらの持っている特許の使用権を、現在欲しいと思っている技術やアイデアの特許を持っている企業や個人に認めるという方法を取るのです。
uktdkd
それを認める代わりに、そちらの特許の使用権も認めてくださいねという手法になります。
これをクロスライセンスといい、条件付きではありますが、何気に特許を無効化させる方法としては、スタンダードな方法と言えるでしょう。

最初からやり直す

前述のような2つの方法がどちらも使えない場合、その特許内容をしっかりと確認してから、やはり基本設計からやり直す必要があります。
そもそもが開発などを進めて行く前に、リサーチしていなかった自身の落ち度と言わざるを得ないわけですから。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

特許事務所

アーカイブ