沖縄観光の際にレンタカーで事故ってしまった!保険に入るわけ

沖縄レンタカーを借りて事故を起こしてしまった場合どうすればよいですか?旅行中にトラブルは付き物です。対処法を知っておきましょう。 - 沖縄観光の際にレンタカーで事故ってしまった!保険に入るわけ

沖縄観光の際にレンタカーで事故ってしまった!保険に入るわけ

沖縄へ観光に来たら、きっと楽しく過ごせるという思いでいっぱいでしょう。そして、普段よりテンションもあがったりして羽目をはずしがちにもなるかもしれません。また、普段はしないことでも旅行先だからいいかときが緩んでしまうかもしれません。このような気持ちになってしまったら、トラブルを招き寄せてしまうかもしれません。

そんなトラブルではまずは、事故を起こしてしまう

juyfkufy
沖縄の交通手段は主に車です。モノレールはあっても那覇市だけなので、それ以外のところへは車となります。交通量はやはり那覇市周辺がとても、渋滞をしやすいです。那覇市、浦添市、宜野湾市、北谷、嘉手納町くらいまでは、朝夕や休みに渋滞を起こしやすいです。南部から中部です。大きな事故は少なくても、相手車の後ろに追突した、交差点でぶつかったなどの事故はよくあります。沖縄だとぶつかった車が路肩に富めて警察を待っている様子もしばしば、目に入ります。そうなると、たいていは渋滞を起こします。すこし、大きめの事故なると、反対車線も渋滞をします。渋滞のせいで、事故を誘発することが多いのです。
もしも、追突事故を起こした場合、また万が一人身事故を起こしたときには、まずは警察と救急車を呼びましょう。人命の救出を最優先させてください。それから警察へと対応を行います。そして、レンタカー会社へ連絡をして、事故の対応をどうするか指示をうけましょう。ちなみに相手の車との事故の場合には、勝手に示談をしてはいけません。保険の適用で対応をするべきなのです。
まずは、示談はせずに沖縄レンタカー会社へ報告です。あと報告をしたら、今度は警察からの事故証明書が必要になってきます。これにより、保険の適用が行われるかもきまります。無いと適用されませんので、必ずもらってください。
事故を起こしたときに、しはらうものとして、ノンオペレーションチャージがあります。これは、車が傷ついてしまったり、事故で修理が必要になった場合、その間営たその車での業できなくなります。その間稼いでいたと思われるお金を保証するというものです。車が動けば2万円、動かない場合には5万円を支払わないといけません。また、事故発生時に保険の上限を越える場合の費用については、利用者の負担となってしまいます。
また、上限を越えなくても、免責補償制度(CDW)に入っていない場合には、負担金が発生してしまいます。数万から20万くらいの支払いをしたというのもしばしば聞かれます。免責補償制度(CDW)は1日に2000円前後で、この支払いを免除することができます。万が一にそなえて、加入しておくことがおすすめです。
ちなみに、保険でまかなえるとはいっても、ところが条件もあるのです。たとえば、無免許運転、飲酒運転、警察へ届け出を怠った場合、相手と勝手に示談をした場合などといろいろとあります。それらを前もって確認しておき、注意しておくことが必要です。これらの条件にあわないからと、結果的に利用者が全額、自己負担をしたなんて話もあるくらいです。
また、保険適用外として、タイヤのバーストや石などがぶつかったときなどによる破損については、利用者の自己負担となります。事故とは違いますが、自己負担についても確認しておきましょう。

最後に

事故にあったときにこそ、保険はとてもありがたいものです。自分は大丈夫とたかをくくっていると、万が一の時にそのありがたみを受けとることが、できません。沖縄の交通事情も詳しくない人には、リスクも高いです。ぜひ利用できるものは利用して、万が一の時に備えておきましょう。